二重まぶたの施術

頬を触る女の人

近年、美容整形においてよく使われる言葉があります。それはプチ整形という言葉です。プチ整形という言葉は、従来の美容整形より手軽に受けることができる美容整形のことを指します。それは具体的には施術内容の簡略化や低料金や時間が比較的短いものを意味します。それでは、このプチ整形の代表的なものは何かというと、二重まぶたにする整形が挙げられます。プチ整形における二重まぶたの施術は次のようなものです。いわゆる埋没法という施術です。これは糸を使ってまぶたの裏から数箇所留めることで二重のラインがくっきりと現れます。この施術にかかる時間は10分程度で終わります。非常に簡単なのでプチ整形とよばれるのです。施術に使用するのは糸であってメスではありません。そのため、切開することはありませんので、傷跡が残ったり、傷口が広がるということはありません。こうしたことからプチ整形という名前が与えられました。それでは、施術にかかる料金は10万円以内で受けることができることが多いです。

プチ整形はいまや若い世代だけでなく年配の女性にも広く人気があります。手軽に受けることができるので、受けやすいというのがその理由です。料金も高いものがないことも関係しています。しかしながら、注意すべき点もあります。切開して糸を入れるわけではないので、糸が永続的に二重を維持するわけではありません。時間が経過して目を強くこするなどの行為で糸が取れて二重でなくなることもあります。つまり、一時的な効果というわけです。もちろん、そうはいっても短時間かつ身体に負担がほとんどかからないというメリットがありますので、施術としては優れているものです。施術を受ける前には医師としっかりとカウンセリングをすることが大切です。カウンセリングを通して不安や疑問点を解消しておくことが重要です。美容整形によって二重になることは他の施術よりも圧倒的に確実性があります。メイクの一環として行われる二重形成コスメやマッサージによって二重の跡をつける放方法などは時間が少し経つとすぐに効果が消えます。