施術法と料金体系

美容整形

美容整形で二重まぶたを作るには、埋没法と切開法の2つがあります。前者はプチ整形に分類されます。プチ整形は比較的簡単な施術で行われる美容整形のことです。埋没法は、糸をまぶたの裏側から縫い合わせることで二重のラインを作る方法のことです。具体的に、その流を書いていくと次のようなものになります。つまり、まずまぶたの上に二重のラインを書きます。それから局所麻酔を施したあとに、糸を縫い合わせます。このときまぶたの裏側から行います。この埋没法のメリットは、やはりメスを使わない点にあります。痛みや腫れやダウンタイムがほとんどありません。そのため、当日のメイクや洗顔も可能です。要するに、施術後に特別なアフターケアは不要というわけです。施術時間は10分から15分程度で終わります。このような手軽さが埋没法がプチ整形だと言われる所以です。一方、切開法とは肌の組織をメスで切開して二重のラインを作る施術法のことです。これは埋没法の効果がないときに行われることが多いです。

切開法の施術内容は次のようなものです。すなわち、まず局所麻酔を施したあとにメスを入れてまぶたの余分な厚みを除去します。二重まぶたのラインに沿って切除するので、確実に二重まぶたになることができます。切除が終わると縫い合わせて、1週間後に抜糸を行います。二重まぶたを作るには埋没法か切開法かのいずれかになります。人気が高いのはやはり埋没法です。プチ整形の人気の高まりから埋没法の人気も高まったと考えられます。ちなみに、二重まぶたの整形ではクリニックによって施術料金が大きく異なります。これは美容整形が自由診療だからです。自由診療の場合は、クリニックが診療単価の設定を行うことができるのです。健康保険の適用が効く病気の治療などでは診療単価は固定です。しかしながら、自由診療ではクリニックが自由に診療単価を設定していいので、1点を40円とすることも1点を100円にすることも可能というわけです。そのため、施術を受ける前にはクリニックで施術料金をきちんと確認するようにしましょう。プチ整形に分類されるものは安価です。